グレナダはカリブ海にある島国でビーチが人気

グレナダはカリブ海にある島国でビーチが人気

グレナダとは、カリブ海にある島国です。

このグレナダという国の名前は、いつだれが付けたのかは分かっていません。

この地は、コロンブスによって発見されました。

コロンブスとは、15世紀に存在した有名な探険家です。

1650年には、フランスがこの地を植民地化しました。

そして、フランス人が定住をするようになりました。

ここでは、カカオや綿花などが栽培されるようになりました。

アフリカから来た奴隷が過酷な労働を行っていました。

その後に、イギリスがフランスにかわって植民地化をしました。

そして、正式にイギリスの領土となったのです。

1974年に、イギリスから独立を果たしました。

革命が起こり、キューバとの関係が深まりました。

クーデターが起こるようになり、国内は混乱をしました。

この国は、次第に軍事基地化していきました。

1983年に、アメリカ合衆国とカリブ海諸国によって、人民革命政府は崩壊しました。

これは、グレナダ侵攻として有名なものです。

それから、米国と親しい政権が樹立されることになりました。

グレナダは、立憲国家です。

この国の国王と共に、イギリスの国王が国家元首です。

職務を代行するのは総督です。

首相は、総督から任命をされます。

議会は、上院と下院がある両院制です。

二大政党制があります。

国軍は解体をされて、現在では警察軍が国防を担っています。

ナツメグの生産が盛んです。

そのほかには、バナナや、シナモン、ココアの農産品が多くあります。

観光業も発展を続けています。

国際空港も完成して、発展の足がかりとなっています。

住民のほとんどは、アフリカ系の人々です。

奴隷としてこの地に連れて来られた人々の子孫です。

残りの二割は、ヨーロッパやアジア系の人々です。

公用語は、英語ですが、フランス語が混じった言語を使用するひともいます。

グレナダの国旗は、赤と緑と黄色で構成をされています。

赤は情熱や独立を表しているものです。

黄色は、太陽光や国土などを表しています。

また、富の色でもあります。

緑は農業などの繁栄を表しています。

ナツメグの実も描かれています。

七つの星は、教区を意味しています。

1980年代には観光業が急激に発展をしました。

また、果実のほかにも野菜や魚介類、また衣類の輸出も行っています。

宗教はキリスト教などです。

人口は約10万人ほどです。

この地のビーチは世界的にも人気があります。

乾季に観光客が増えます。

スリリングなダイビングを楽しむ人もいます。